ページ読み込み中

サウナーで音楽クリエイターヒャダインと考えたサウナハット

サウナーで音楽クリエイターヒャダインと考えたサウナハット

サウナハットできました

いま、男女問わずブームを巻き起こしているサウナ。疲労回復やリフレッシュはもちろん、発汗作用により美肌効果が得られたり、新陳代謝が高まったりと、サウナに入ると嬉しい効果がいっぱい。実は、サウナはフィンランドが発祥と言われていて、北欧ではサウナはなくてはならない文化として生活の中に根付いています。

そんなわけで、キッピスはサウナーとしても知られている音楽クリエイター・ヒャダインさんと、おしゃれで実用的なサウナハットを作りました。使い心地を試すべく、ヒャダインさんと、サウナ初心者のモデル・花之枝しほりさんも一緒に、サウナ体験してきました!

まずはサウナハットをご紹介

サウナがもっと楽しくなる
サウナハットです

【写真】サウナハットを持ち、笑顔のヒャダインさん

多い時には週8回もサウナに行くという音楽クリエイター・ヒャダインさん。現在は『サウナを愛でたい』という番組に出演するなど、音楽の枠を飛び越えて、サウナの伝道師としての活躍も。今回はヒャダインさんの“こんなサウナハットがあったらいいな!”を形にしました。サウナハットは、サウナに入るときに被るサウナグッズのひとつ。温度の高いサウナ室の中で、髪や頭皮を熱から守ることができます。

ヒャダインさん

「僕自身サウナが大好きですが、サウナ室の中は70~90℃と高温。熱により髪や頭皮がダメージを受けてしまうので、熱から守ってくれるサウナハットはサウナに欠かせません。のぼせ防止にもいいんです」

【写真】サウナハットを確認する花之枝さん

一番のこだわりはサイズ感。長い髪を束ねてもすっぽり収まるやや大きめのサイズで、熱から髪や頭皮を守ります。

ヒャダインさん

「頭をしっかりと覆える大きめサイズが一番のポイント。しほりさんの長い髪を束ねてもすっぽり収まるサイズです。」

実はこのサイズ感には、もうひとつ秘密があるのです。

ヒャダインさん

「このサウナハットは深めに被ると目元も覆えます。僕はサウナの中でよく瞑想をするのですが、このサウナハットは人目をシャットアウトするので、自分ひとりの世界に入れる。集中できるんですよ」

【写真】サウナハットについて語るヒャダインさん

素材には、ふっくらとした肌触りが気持ち良く、吸水性の高い泉州タオルを採用しました。

ヒャダインさん

「様々な素材のサウナハットがありますが、タオル地は洗濯ができるのでお手入れが簡単です。泉州タオルは吸水性がよいので、タオル代わりにも。サウナ室に入る前にサッと身体を拭くのに便利なんですよ」

【写真】ヒャダインさんの説明を聞き、笑顔の花之枝さん

ヒャダインさん

「僕の裏技は、髪にトリートメントをつけてからサウナに入ること。そうすると熱ダメージを軽減できて、かつ、トリートメントが髪にしっかりなじんで髪がサラサラになるんです。施設を汚さないようにするためにもサウナハットは欠かせません」

花之枝さん

「ピンクとグレーの配色がおしゃれですね。手触りもふわふわ。私も早く使ってみたい~♡」

こだわりポイント

サイズ

頭をしっかりと覆える大きめサイズに仕上げました。ショートボブ程度ならそのまま被ってもすっぽり収まり、長い髪を束ねても中にしっかりと収まります。さらに、周りの視線をガードできてサウナに集中できるのもGOOD!

素材

素材は吸水性に優れた泉州タオル。日本三大タオルのひとつ「泉州タオル」は、後晒製法で作られているため吸水性が高く、優しくふっくらとした肌触りが特徴。ご家庭でお洗濯できるので、使用後のお手入れも簡単です。

【写真】サウナハットの素材のアップ

カラーリング

グレー×ピンクのおしゃれな配色がヒャダインさんのこだわり。一見可愛らしい印象ながら、肌馴染みがよく、落ち着いたカラーリングだから、女性はもちろん男性も気兼ねなく使えます。背面にはヒャダインさんのサイン入り。

【写真】サウナハット正面画像。グレーの生地にピンクのkippisのクマのマークが入っている。てっぺんにはハンガーループ付き

【写真】サウナハット背面画像。刺しゅうであしらわれたkippisのブランドロゴ入り。ロゴの下にはピンクのタグにヒャダインさんの直筆サインがプリントされている

ドキドキのサウナ体験を
リポート

ヒャダインさんのエスコートで、サウナ初心者の花之枝しほりさんにサウナを体験してもらいました。今回ふたりが訪れたのは、スカイツリーを拝める「サウナガーデン錦糸町」。フィンランドにあるようなサウナ小屋は雰囲気も最高です!

【写真】東京スカイツリーを背に、錦糸町の街中で両腕を挙げポーズをとるヒャダインさんと花之枝さん

【写真】サウナガーデン錦糸町の建物に着いた二人

【写真】サウナ小屋の前に立つ笑顔の二人

まずはサウナの基本的な入り方をご紹介。最初にシャワーを頭から浴びて全身を洗い、身体をよく拭いてからサウナ室へ。8~12分程度を目安に、身体をしっかりと温めます。くれぐれも無理はせず、体調に合わせて入りましょう。

サウナから出た後は汗を流して水風呂へ。気分よく冷えたら、身体を拭いて休憩を取ります。サウナ→水風呂→休憩を3セットほど繰り返します。

【写真】バスローブとサウナハットを着用し、サウナ小屋の外扉を開ける花之枝さん「どきどき」

【写真】サウナ小屋の内扉に手を掛ける笑顔の二人「いざ!」

【写真】窓から光が差し込むサウナ室の中で、水着姿で目を瞑り座っている二人

【写真】上段に座るヒャダインさん、下段に座る花之枝さん

ヒャダインさん

「サウナ室の中は、上段と下段で20℃近く温度差があるんですよ。上の方が熱くなるので、頭を熱から守るサウナハットが必要なんです。ビギナーは温度が低めの下段に座るのがおすすめですよ」

花之枝さん

「下段の方が熱くない~!私はのぼせやすいからサウナハットは必須かも」

【写真】柄杓を持ち、石に水をかける花之枝さん

花之枝さん

「この桶に入った水は……?」

ヒャダインさん

「これはフィンランドのサウナでは必ずあるロウリュといって、サウナストーブに積まれた石に水をかけて蒸気を発生させるんです。やってみますか?」

花之枝さん

「ジュワ~ッといい音が♪ 一気に蒸されて汗が噴き出してきました。でも湿度があるから熱くても苦しさを感じませんね」

【写真】ゆったりとサウナを楽しむ花之枝さん

【写真】瞑想するヒャダインさん

「僕はサウナの中で瞑想することが多いですね。サウナに入ると思考がクリアになる気がします。音楽のアイデアを考えることもありますよ」とサウナでの過ごし方を教えてくれたヒャダインさん。

仲よくおしゃべりしていると、あっという間に10分が経過! 身体をしっかり温めた二人は、いよいよ水風呂へ向かいます。

【写真】ウッドデッキに囲まれた屋上で水風呂プールに入る二人

ヒャダインさん

「汗を流したら水風呂に入りましょう。水風呂に入るときは、息をフゥ~っとゆっくり吐きながら入るといいですよ。中ではじっとしているのがポイントです」

花之枝さん

「つ、つめた~い!でもサウナで身体がしっかり温まったから、むしろ気持ちいいかも!?」

【写真】リクライニングベッドに寝転び外気浴する二人

ヒャダインさん

「サウナ後はゆっくり休憩を取るのが重要! 外の風を感じられる外気浴なら文句ナシです。しばらくするとディープリラックスがやってくるはず……。このリラックス感こそが“ととのう”ってやつなんです」

花之枝さん

「ふぅ~!気持ちいいなぁ~!」

【写真】サムズアップする笑顔のヒャダインさんと花之枝さん「整った!」

ヒャダインさん

「今日のサウナはいかがでしたか?」

花之枝さん

「私、実はのぼせやすくてサウナはあまり得意じゃなかったんです。でもサウナハットを被っていたおかげで、のぼせず気持ちよく入れました。水風呂は最初こそ勇気がいりますが、慣れたら気持ちよかったです。深いリラックス感が病みつきになりそうです」

INFORMATION

商品ページへの誘導ボタン&ヒャダインさんコメント・プロフィール

サウナーで音楽クリエイター
ヒャダインと考えたサウナハット

Price ¥4,180

【写真】サウナハット商品画像

ヒャダインさんプロフィール画像

サウナと水風呂、そして外気浴。このループにより、とてつもないリラックスが待っています。今回のサウナハットはかなりの自信作! サウナの熱から髪を守り、おしゃれなデザインで男女問わず被れます。ぜひみなさんもコレを被ってサウナデビューしてみてくださいね

ヒャダイン

1980年大阪府生まれの音楽クリエイター。本名 前山田健一。
作詞、作曲、編曲を独学で身につけ、2007年より本格的な音楽活動をスタート。ヒット曲を量産し続け、アイドル、J-POPからアニソン、ゲーム音楽まで幅広い楽曲提供を行う。またタレントとしても多数のTV、ラジオ番組にレギュラー出演する。6年ほど前に友人に教えられ、サウナに目覚める。多いときには週8回サウナに通うなど著名サウナーのひとりとして知られる。『サウナを愛でたい』(BS朝日)にレギュラー出演中。

着用アイテムクレジット&ショップリスト&スタッフクレジット

ヒャダインさん

Tシャツ¥8,250/ベルバシーン(トップウィンジャパンショールーム)パンツ¥15,180/ウィーク(シーアトリエ) サンダル¥2,750/イパネマ(シードコーポレーション)その他/スタイリスト私物

花之枝さん

Tシャツ¥7,920/アデュー トリステス パンツ¥20,900/ロワズィール サンダル¥2,200/イパネマ(シードコーポレーション)その他/スタイリスト私物

Shop List

アデュー トリステス03-6861-7658、トップウィンジャパンショールーム03-3406-6001、シーアトリエ06-6536-3237、シードコーポレーション03-6709-9662、ロワズィール03-6861-7658

Staff

  • Model_ヒャダイン、花之枝しほり
  • Photographer_かくたみほ
  • Stylist_玄長なおこ
  • Hair & Make-up_高松由佳
  • Text_伊藤伊万里(ライトアウェイ)
PAGE TOP

当サイトではCookieを使用します。
Cookieの使用に関する詳細は
プライバシー規約」をご覧ください。